小児歯科 | 吹田駅から徒歩10分の歯科医院。歯を削らない虫歯治療に対応!

小児歯科

小児の治療について

小児の治療について

子供たちは、それぞれいろんな夢を持ち、未来にはばたいていきます。それをサポートしていくのは私たち大人の役目です。

子供たちが元気に夢を実現していくためには、何よりも健康体でなければなりません。「歯」は健康の要といわれるように、長い生涯健康でいきいきと過ごすためには、歯医者と上手につきあっていくことが大切なのです。

子供の頃に歯医者を嫌いになってしまうと、ずっと歯医者とのつきあいを敬遠してしまいます。そのため、当院では子供たちが楽しく歯科医院に来られるような工夫を凝らしています。

クリニックは、単にむし歯を治す所ではなく、子供たちが健康で、夢を叶えていくためのお手伝いをするところでありたいと考えています。

小児の歯科治療

小児の歯科治療

むし歯になりやすい場所は、年齢・食生活の状態・歯並び・むし歯菌の状態など患者様一人ひとりによって異なります。一度削ってしまったむし歯は、削らない健康な歯と比べると格段に歯の寿命が短くなってしまいます。

お子様の健康な歯を守り育てるためには、できるだけ、最小限の治療と進行させない予防が不可欠です。

診療内容

  • 口腔内チェック
  • レントゲンによるチェック
  • 虫歯の予防・治療
  • ブラッシングや食事指導
  • シーラントやフッ素塗布
  • シーラント(みぞうめ)の予防処置

    奥歯のみぞは磨きにくく、むし歯になりやすい場所のひとつです。プラスチック材でみぞをうめて浅くし、磨きやすくする予防方法です。

    歯を削らないで、経過を観察する

    色がついていても中でむし歯が広がっていないと判断した場合は、お口全体の汚れ具合、食生活を考えた上で、歯を削らないで定期的に観察する場合もあります。むし歯の深さをはかる機械を使って検査をして調べる場合もあります。

    小児の簡易矯正治療(ムーシールド)

    小児の簡易矯正治療

    反対咬合を改善する

    マウスピースを使用することで、乳歯列期に受け口(反対咬合)を改善できます。
    乳歯列期に治療を行う事によって正常な顎骨の成長発育の促進及び、永久歯の正しい生え変わりを期待します。 就寝時にこの装置を装着する事によって舌や口腔周囲筋の状態が整えられ、反対咬合が改善します。

    矯正治療の役割

  • 早期初期矯正治療としての働き
  • 被蓋(咬み合わせ)の改善
  • 舌圧と口唇圧のバランスの改善
  • 舌を高位(高い位置)に保つ機能チェック
  • 治療前

    • 治療前(正面)

      ▲治療前(正面)

    • 治療前(右側)

      ▲治療前(右側)

    • 治療前(左側)

      ▲治療前(左側)

    治療中

    • 治療中(正面)

      ▲治療中(正面)

    • 治療中(右側)

      ▲治療中(右側)

    • 治療中(左側)

      ▲治療中(左側)

    治療後

    • ▲治療後(正面)

      ▲治療後(正面)

    • 治療後(右側)

      ▲治療後(右側)

    • 治療後(左側)

      ▲治療後(左側)

    ページトップへ